作品情報

『ツインズ』作品情報

89年 日本の夏を熱くする、面白くする!
早くも話題沸騰!!

twins_poster

原題:Twins 
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、ダニー・デビート、ケリー・プレストン、クロエ・ウェッブ、ボニー・バートレット、マーシャル・ベル
監督:アイバン・ライトマン
脚本:ウィリアム・デイヴィス、ウィリアム・オズボーン、ティモシー・ハリス、ハーシェル・ワイングロッド
製作:アイヴァン・ライトマン
音楽:ジョルジュ・ドルリュー、ランディ・エデルマン
全米公開:1988年12月9日
日本公開:1989年8月5日

シュワルツェネッガーにとっては、無名時代に出演したカーク・ダグラス主演の『サボテン・ジャック』以来のコメディ。
それまで『ターミネーター』『コマンドー』『プレデター』などで演じてきた威嚇的なキャラクターから一転、ダニー・デビートと双子の兄弟というギャップのある役柄を演じ、世界中で大ヒットしたシュワルツェネッガーのコメディ代表作。 

人工授精により全知全能の人間をつくろうとするアメリカ政府の極秘実験の結果生まれた双子の兄弟、ジュリアスとビンセント。
研究対象として孤島で育てられたシュワルツェネッガー扮するジュリアスは、世間知らずだが頭脳明晰で力持ち。
一方、ダニー・デビート演じるビンセントは、ズル賢くて女たらし。孤児院で育てられいたが12歳のときに脱走、会社を経営するものの倒産寸前で借金まみれの生活を送っていた。135歳になったジュリアスは、親代わりの科学者から双子の兄弟がいることを知らされ、いてもたってもいられず兄弟のビンセントを探しに島を出ることに…。
2飛行機ではじめてポップな音楽を聴いて思わず歌いだすビンセント。
このシーンの撮影を見学していたクリント・イーストウッドは親友シュワルツェネッガーの音痴ぶりに大喜びだったとか。
3はじめて見る都会に驚きながら、シルベスター・スタローンの『ランボー3』のポスターの前で立ち止まるジュリアス。
当時シュワルツェネッガーがライバル視していたスタローンを挑発するようなシーンだが、エンドタイトルのサンクス欄には律儀にもスタローンの名前がトップにクレジットされている。

留置所の面会室でやっとのことでビンセントに出逢えたジュリアスは、自分とは似ても似つかぬ兄弟の姿に戸惑いながらも大喜び。
一方、ビンセントは、自分の双子の兄弟だと名乗る謎の大男の訪問に驚きつつも、ここぞとばかりにジュリアスに保釈金を払わせて留置所を後にし、ジュリアスを連れてさっそく車を盗みに出掛ける。
5盗むのに手頃な高級車があればビンセントに連絡する駐車場の係員アルを演じるのはブレイク前のデビッド・カルーソ。

車を盗むことに成功したふたりは、帰りに立ち寄ったスーパーで、ビンセントの恋人リンダとその妹マーニーと偶然居合わせる。4『Playboy』を立ち読みする見知らぬ大男に優しく接するマーニー。
マーニー役を演じるケリー ・プレストンはジョン・トラボルタの妻としても有名。

ビンセントの家に泊まることになったジュリアスは、ビンセントが施設から盗み出していた資料を見て自分たちの母が生きていることが分かり、その翌日には、6人いる自分たちの父親のうちの一人を探し当てる。そして父との会話で極秘実験の主任を務めたトレーブン教授の存在を知る。
その頃、ビンセントは盗んだ車に500万ドルもの盗品の新型ジェットエンジンが積まれていることを知り、取り引き先のヒューストンに向かうことを決意。しかし、出発直前にジュリアスに見つかり、ヒューストンに行く途中でトレーブン教授の研究所に立ち寄ることを約束させられる。
さらにそこにビンセントの誕生日を祝おうとリンダとマーニーが現れ、結局4人でヒューストンへの旅に出ることに。

しかし、ビンセントに車ごと積荷を盗まれた運び屋ウェブスターも4人が乗る車を追ってヒューストンに向かっていた…。6新型ジェットエンジンの取引に現れるビートルート・マッキンレーとそのボディガード。
マッキンレーのボディガード役は『バトルランナー』でシュワルツェネッガーと共に闘ったウェイス役のマービン・J・マッキンタイア。
本作でのクレジットは“McKinley’s Man”、役名がないのが悲しい…。

設定が面白いだけの出オチ的なコメディに収まらず、家族の絆や恋愛の要素をうまく盛り込み、爽やかな涙を誘う演出を見せたのは、『パラダイス・アーミー』『ゴーストバスターズ』『夜霧のマンハッタン』などで知られるヒットメーカー、アイバン・ライトマン。
製作総指揮は『ゴーストバスターズ』『夜霧のマンハッタン』でもアイバン・ライトマンと組んだジョー・メドジャックとマイケル・C・グロスのコンビ。
製作は監督のアイバン・ライトマンが手掛けている。

シュワルツェネッガー史上初の興行収入1億ドル突破作品となった『ツインズ』

1988年12月9日に全米公開された『ツインズ』は、前週首位の『裸の銃を持つ男』を抑え、1117万ドルのオープニング興収で初登場1位を獲得。公開と同時に全米を熱狂させ、1500万ドルの製作費に対して米国内だけで1億1193万ドル(チケット価格のインフレ調整を行うと2014年9月現在で2億2675万ドル相当の興収)を稼いだ。この興収は1988年全米公開作品で5位の成績となり、シュワルツェネッガー出演作として初の興収1億ドル突破作品となっただけでなく、シュワルツェネッガー自身におけるキャリアの重要な節目にもなった。
 
ここ日本では日清カップヌードルのCMの出演により“シュワちゃん”の愛称が定着。アクション映画ファン以外にもファン層を拡大しており、配収12億4000万円と全米同様の大ヒットを記録した。

『ツインズ』オリジナルサウンドトラック

twins_soundtrack

  1. 『Twins』フィリップ・ベイリー&リトル・リチャード
    アース・ウィンド&ファイアーのリードシンガーであるフィリップ・ベイリーと、『Long Tall Sally(のっぽのサリー)』など多くの名曲で知られるリトル・リチャードによる主題歌。
  2. 『Brother To Brother』スピナーズ
  3. 『It’s Too Late』NAYOBE
  4. 『I Only Have Eyes For You』マリリン・スコット
  5. 『Yakety Yak』2ライヴ・クルー
  6. 『Now Way Of Knowin’』ヘンリー・リー・サマー
  7. 『The Train Kept A-Rollin’』ジェフ・ベック、アンドリュー・ローチフォード、トニー・ハイマス&ピーター・リチャードソン
  8. 『Untitled Track』ジェフ・ベック
  9. 『I’d Die For This Dance』ニコッレト・ラーソン、ジェフ・ベック、テリー・ボジオ&トニー・ハイマス
    劇中のバンド演奏シーンでは、ジェフ・ベックも出演。
  10. 『Going To Santa Fe』ランディ・エデルマン
  11. 『Turtle Shows』ボビー・マクファーリン&ハービー・ハンコック
  12. 『Main Title Theme』ジョルジュ・ドルリュー

『ツインズ』の続編『トリプレッツ/Triplets』

2012年、サンディエゴ『Comic-con』で行われた『エクスペンダブルズ』の記者会見で、シュワルツェネッガーが『ツインズ』の続編企画が進行中であることを明かした。
続編のタイトルは『トリプレッツ(三つ子)』。極秘実験の結果、双子以外にもうひとり兄弟がいたという設定で、エディ・マーフィが3人目の兄弟役で出演するとの報道があった。
その後、脚本家のジョシュ・ガッドと、ライアン・ディクソンが共同で脚本を執筆していると伝えられたが、2013年、ダニー・デビートが『ツインズ』の続編に関して大きな進展がないとコメント。ただし、出来の良い脚本を待っている状態で、出演が噂されるエディ・マーフィと会ったとも話している。

『ツインズ』DVD

amazon.co.jp
ツインズ DVD
新品価格 ¥1,000から(2015年12月31日 22:00時点)

関連記事

  1. 作品情報

    『ターミネーター:新起動/ジェニシス』作品情報

    遂にアイツが帰ってくる!原題:Terminator Genisys…

  2. 作品情報

    『ターミネーター2 特別編』作品情報

    原題:Terminator 2: Judgment Day: Spec…

  3. 作品情報

    『SF超人ヘラクレス』作品情報

    原題:Hercules in New York出演:アーノルド・ス…

  4. 作品情報

    『レッドブル』作品情報

    米ソ冷戦時代、モスクワ市警のイワン・ダンコー大尉がアメリカに乗り込み、…

  5. 作品情報

    『キング・オブ・デストロイヤー コナンPART2』作品情報

    コナンが帰ってきた!前作のジョン・ミリアスから『ミクロの決死圏』などで…

  6. 作品情報

    『サボタージュ』作品情報

    一人ずつ消されていく、最強の9人原題:Sabotage出演:ア…

カテゴリー

人気の記事

  1. 作品情報

    『キング・オブ・デストロイヤー コナンPART2』作品情報
  2. News

    『ターミネーター:新起動/ジェニシス』続編企画は継続!!
  3. 作品情報

    『レッドブル』作品情報
  4. Trailer

    『コマンドー』ティーザー予告編
  5. News

    スタローンに続いてシュワルツェネッガーも『エクスペンダブルズ4』から離脱か…!?…
PAGE TOP