Topics

公開25周年!『ターミネーター2』のプロモーションと興行収入

2016年は、シュワルツェネッガーにとってキャリア最大のヒット作『ターミネーター2』の公開25周年。
アニバーサリーイヤーにあたる2016年には、世界中で3Dバージョンの劇場公開が予定されているが、オリジナルバージョンの公開当時『ターミネーター2』はどのように売り込まれ1991年を制するに至ったのか、プロモーションと興行収入を振り返る。

B級映画の続編に史上最高額の製作費がかけられるまで

シリーズ前作『ターミネーター』は1984年に公開。製作費640万ドルの低予算映画にもかかわらず全米で3837万ドルを稼ぎ出す大成功を収めたが、その額はメジャー大作の水準で考えると大ヒットとは言えず、1984年の年間全米興収ランキングでも21位というマズマズの順位に収まっていた。

しかし、その後数々の主演作をヒットさせたシュワルツェネッガーの人気が高まるとともに、その評価の高さから『ターミネーター』はビデオレンタルやテレビ放映などで新たなファンを獲得し、続編製作への期待は高まり続けていた。

そして1990年、カロルコのマリオ・カサールが続編製作で問題となっていた権利を買い集めることで『ターミネーター2』の製作が可能となり、ジェームズ・キャメロンに脚本と監督を依頼。『ツインズ』『トータル・リコール』が連続して1億ドルを突破する大ヒットとなっていた当時無敵のシュワルツェネッガーの主演超大作として製作が開始され、製作費には当時史上最高額となる1億ドルが投入された。

『ターミネーター2』ティーザー予告編

製作が決定した時点からプロモーション戦略が練られ、ティーザー予告編は40万〜80万ドルの予算で1990年の春に製作された。

『機動警察パトレイバー the Movie』からヒントを得たジェームズ・キャメロンのアイデアをもとに特殊効果の名手スタン・ウィンストンが監督し、撮影は3日以上かけて行われた。

ターミネーターが次々と製造される過程を描いたこの80秒の予告編は、映画本編の撮影が始まった1990年10月に劇場公開され、いよいよ本格始動した『ターミネーター2』への期待を煽った。

『ターミネーター2』のポスター

『ターミネーター2』のポスターには、シュワルツェネッガーがオートバイにまたがるシンプルなデザインが採用された。

もともと候補に上っていたデザインは、ターミネーターとコナー親子が合成されたものだったが、プロモーションの初期段階ではターミネーターが味方であるということを秘密にしたかったため、候補から外された。

しかし、ボツになったこのデザインは、後に発売された『ターミネーター2 特別編』のメインビジュアルとして使用されることになった。

『ターミネーター2』第1弾予告編

1991年2月に公開された第1弾予告編は、ティーザー予告編とその時点までに撮影された映像を組み合わせたものになり、『ターミネーター2』には善と悪の2体のターミネーターが登場することが明かされた。

この予告編の中には、最終的に本編からカットされてしまったカイル・リースの登場シーンも含まれ、前作のファンを熱狂させた。

最後に挿入されている「誰も殺さない」とターミネーターがカメラに向かって誓うシーンは予告編のために撮影された映像だが、本編にも同じ台詞が登場しその約束が守られている。

『ターミネーター2』最終予告編

『ターミネーター2』の最終予告編は、公開が2ヶ月前に迫った頃に公開された。

この予告編ではシュワルツェネッガーが善のターミネーターとして戻ってくることを強調。公開直前ということもあり、新たな本編映像がふんだんに盛り込まれ、観客の作品への期待は最高潮に達した。

『ターミネーター2』の主題歌『You Could Be Mine』

『ターミネーター2』公開前のプロモーションで絶大な効果を発揮したのがガンズ・アンド・ローゼズ(Guns N’ Roses)による主題歌『You Could Be Mine』で、映画に見事にマッチしたこの曲は映画の売り上げに大きく貢献した。

ファーストアルバムが世界中で爆発的セールスを記録し、続くミニ・アルバム『GN’R Lies』までも大ヒットさせていたガンズ・アンド・ローゼズの新曲ということもあり、1991年6月にMTVでミュージックビデオが解禁されてからはMTVのリクエストランキングで首位を独走。

ミュージックビデオでは映画への興味をかきたてられ、映画を観た観客はガンズ・アンド・ローゼズのシングルやアルバムを購入するという見事なまでの相乗効果を発揮した。


You Could Be Mine(デジタルミュージック)


You Could Be Mine

『ターミネーター2』の全米興行収入

続編の製作が何年も待たれ、シュワルツェネッガーの人気、作品の高評価、完璧なプロモーション戦略などすべての条件が揃ったなか、満を持してサマーシーズン真っ只中の7月3日に全米公開。

公開を待ちわびていた観客が劇場に押し寄せオープニング・ウィークエンド(5日間)の興行収入は5231万ドルにも上り、堂々の新記録を樹立。最終的に2億484万ドルを記録し、1991年の年間興行収入ランキングで堂々1位に輝いた。この額は現在の価値に換算すると4億ドル以上(2016年6月時点の換算)に相当する。


ターミネーター2 特別編(日本語吹替完全版)Blu-ray
新品価格 ¥3,980から(2017年12月16日時点)

関連記事

  1. News

    『エクスペンダブルズ3』全米公開初日3位発進 

    公開前にDVD品質の海賊版が流出し500万回以上もダウンロードされたこ…

  2. News

    『ターミネーター:新起動/ジェニシス』全世界興収2億ドル突破!

    全米公開2週目を迎えた『ターミネーター:新起動/ジェニシス』。この週末…

  3. News

    『ターミネーター:新起動/ジェニシス』中国史上4位の大ヒットスタート!!

    2015年8月23日に中国で封切られた『ターミネーター:新起動/ジェニ…

  4. News

    全米映画ボックスオフィス『ターミネーター:新起動/ジェニシス』公開2日目

    2015年7月2日、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の全米公開2…

  5. Topics

    『ラスト・アクション・ヒーロー』はなぜ失敗作と呼ばれてしまったのか!?

    アクション、コメディ、ファンタジーなど様々なジャンルをミックスし、サン…

  6. News

    『ターミネーター:新起動/ジェニシス』全米興行収入8000万ドル突破

    全米公開後、3度目の週末を迎えた『ターミネーター:新起動/ジェニシス』…

カテゴリー

人気の記事

  1. Blu-ray

    『トータル・リコール』国内初Blu-ray化!
  2. News

    惜しくもアカデミー賞を逃したスタローンをシュワルツェネッガーが激励
  3. News

    『ターミネーター:新起動/ジェニシス』続編企画は継続!!
  4. News

    『ターミネーター』シリーズにジェームズ・キャメロンが復帰!!
  5. Poster

    『ターミネーター:新起動/ジェニシス』デジタル配信/Blu-rayのプロモポスタ…
PAGE TOP